未分類

伊賀さんの生産性を上げようを読んで。


伊賀さんの生産性を上げようを読んで。

生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの

新品価格
¥1,728から
(2016/12/10 21:22時点)

伊賀さんの生産性を上げようを読んで。

 

ちきりんの中の人と思われる伊賀さんの本を読みました。

最近は何かと理由をつけて会社をやめてしまう人が多い中、

この本はなかなか勉強になりました。

 

個人的な意見も含めて生産性のあげ方について書いていこうと思います。

 

1.生産性の上げ方

今の日常は如何せんコミュニケーションが多く、

文章を書いたり、モノを作ったり、何かをつなぐ行為に

時間がさきづらくなっています。

 

連絡の速度を聞かれる前に双方が作業を早く終わらせられるように

努力していればもっとみんな早く帰れるのではないかと思うのです。

 

コミュニケーション能力をウリにする人が醜悪な理由 - 分裂勘違い君劇場

http://d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/20060414/1144999515

 

2.生産性をあげるために周りに教えよう

 

生産性をあげるために大事なことが

周りの働きをチェックすることです。

3.資料をつくる時は見出しから作ろう

4.行動と売上を意識しよう。

5.労働市場で価値のある人間になろう

おわりに



[table id=1 /]