共感される文章の書き方 | キャッシングニュース ~お金・投資に関する情報をまとめます。~

キャッシングニュース ~お金・投資に関する情報をまとめます。~

キャッシングに関する情報を記載しております。

共感される文章の書き方

   


共感される文章の書き方共感される文章の書き方

共感される文章とは、読者から「その気持ち分かる」と思われる文章です。
共感されると、読者から親近感を抱いてもらえます。

人は、親近感を抱いた人の話に耳を傾けます。

熱意は、手間とスピードで伝わります。
文章も、手間とスピートで熱意を伝えられます。

まずは手間について説明します。

私の知る方にニュースレターを手書きする人がいます。
文字やイラストを手書きするのは大変な手間です。
それだけ、想いを込めて書いているというのが伝わってきます。

バレンタインには、本命に渡すチョコが手作りされます。
手作りすることで「熱」を表現しているのです。
手間をかけるのは、それだけ熱意があるという表れなのです。

最近では便利な道具が増えたため、手間をかける人が少なくなりました。
だからこそ、手間をかけた贈り物や手紙がより喜ばれるのです。

続いては、スピードについて説明します。
仕事をお願いして、締め切りよりも早く仕上げてくる人には熱意があります。
レスポンスの速さは、熱意の表れです。

初めて会った翌日に「本日はありがとうございました」と、お礼のハガキが届けば驚かれます。
それが、2,3日後に「昨日はありがとうございました」では驚かれません。
「本日」と「昨日」では、比べものにならないほど差があるのです。

同じ行動でも、早いか遅いかで印象は大きく変わります。
人は、スピードで熱意を感じる生き物なのです。

同じハガキを送るのでも、手間やスピードのあるものは人を感動させます。
コピーライティングは、うまく書けばいいというものではありません。
文章が多少下手でも、熱意があれば人の心を動かすことができるのです。

感情は、行動を描写して表現します。
「私は、理不尽な態度に怒りを覚えた」と書くよりも、
「あまりにも理不尽な態度に、私は拳を強く握りしめ、相手を睨みつけた」と書くほうが、感情や情景を想像させます。
感情はそのまま書くのではなく、行動で表現するのです。

人は「なに」をしているかより、「なぜ」しているかに興味を抱きます。

「なに」にこだわっているのかだけではなく、「なぜ」こだわっているのか。
「なに」を目的に事業をしているのかだけではなく、「なぜ」それを目的にしたのか。
この「なぜ」が大事なのです。

もどかしくなぜこんな生き方をしている事に
人は興味をもってくれるのだと思います。

そしてありがとうという言葉も大事だと思います。

「ありがとう」は魔法の言葉です。
「ありがとう」があるだけで、愛情を感じます。

新幹線や飛行機に乗った際に、英語でアナウンスが流れます。
アナウンスの最後は必ず「サンキュー」と流れます。
最後に「サンキュー」と流れるだけで印象が違ってきます。

文章でも同じことが言えます。
文章の最後を感謝の言葉で締めるようにします。
「お力沿いに感謝しております」
「いつも、ありがとうございます」
「最後まで、お読みいただきありがとうございます」

感謝の言葉があるだけで気持ち良くなります。
ぜひ、最後に感謝の言葉を書き加えてみてください。

今日も読んで頂いてありがとうございました。

とりあえず今日の気持ちの2曲をどうぞ!

SIAM SHADE - ⅓の純情な感情 (2011)

MOON CHILD / ESCAPE

 - 未分類