未分類

結果を焦らない、仕事を焦らない。


結果を焦らない、仕事を焦らない。結果を焦らない、仕事を焦らない。

仕事に限らず、生きる上での
全てのことに当てはまるのですが、

結果を出す為に「やり続ける」ことと同じくらい、

いやそれ以上に重要なことがあります。

それは、「結果を焦らない」ということです。

この「結果を焦らない」という心構えは、
現代日本人に欠けている考え方だと私は思います。

なぜかというと、日本人は7歳頃から学校で「早く早く」と
周囲から急かされ、中学校、高校でも「早く早く」、
社会人になっても同じく「早く早く」と周囲から急かされ、

「何をするにおいてにも、早く結果を出さなきゃいけない」
という風に洗脳され、強迫観念を持たされてしまっているので

す。

その証拠に、書店に行くと

「1瞬で~」、「1週間で~」、「1ヶ月で~」、「1年で~

など、短時間で結果を出すことを煽った本が並んでいます。
(私のブログ名にも「1年間」という文字が付いていますが)

株、ダイエット、自己啓発、受験・・・
様々なジャンルに渡ってです。

で、そういう本がよく売れていたりします。

車を運転していても、脇道や駐車場から急に割り込んできたり


黄色信号になっても交差点に突っ込んでくるドライバーが沢山

います。

みんな子供の頃からの洗脳のおかげで、
早く結果を出したくて仕方ないのです。

まぁ、早く結果が出せるのなら、
出せるに越したことはないのですが・・・

「早く早く」の問題点

この多くの日本人が持つ「早く早く」という強迫観念なのです

が、
私が考えるに、何かをやったり、結果を出す場合に大きな障害

となります。

「早く早く」という強迫観念を持った人は、何をするにしても
早く結果が出てこないことに対して焦りや苛立ちを感じ、

「何で結果が出ないんだ!!」とか
「あ~あ、これだけやってもまだ出ないんだ・・・」とかいっ

結果が出る途中で投げ出してしまうのです。

成績が上がらない、体重が減らない等、地道にやり続ければ
必ず結果が出てくる事ですら、途中で投げ出すのです。

また、やり続けていく中で、失敗でもしようものなら

「ほ~~ら!!オレが思っていた通り、
やり続けるなんて無駄なことじゃないか!!
全然結果なんて出てこないし!!」

と、鬼の首でも取ったかのように?騒ぎ出し、投げ出してしま

います。

失敗を分析して次に活かしたり、失敗など気にせずやり続けれ

ばいいのに、
短期間で結果が出なかったことに失望し、そのようなことはし

ないのです。

そして・・・
早く結果を出そうと焦る人は、勝つ見込みのない無謀なバクチ

を打って、
その結果、自分や家族の人生をメチャクチャにしてしまいます

あなたにも少しは思い当たる節があるのではないでしょうか?

他人に迷惑をかけている事を自覚し、
整理整頓を徹底し、
丁寧にコツコツやりましょう。



[table id=1 /]