EITカード

順位ブランド実質年率申込みはこちら
4.80%~18.00%
15.00%~19.94%
12.00%~17.95%
7.3%~15.0%
7.3%~15%
bronzemedal01-0017.30%~17.52%
順位ブランド実質年率申込みはこちら
4.80%~18.00%
15.00%~19.94%
12.00%~17.95%
7.3%~15.0%
7.3%~15%
bronzemedal01-0017.30%~17.52%

JCB・EITカードの主な特徴と使用した人の口コミでの評価について

順位ブランド実質年率申込みはこちら
4.80%~18.00%
15.00%~19.94%
12.00%~17.95%
7.3%~15.0%
7.3%~15%
bronzemedal01-0017.30%~17.52%



JCBが発酵しているEITカードは、

8つの価値を備えている現在JCBが最も力を注いでいるクレジットカードで、

ポイントは高額で還元され、

海外旅行保険がついているうえに年会費は永年ぬ量と

3拍子揃っているEITカードは現在JCBでの人気ナンバーワンのカードとなっています。
では、EITかーどの特徴について詳しくまとめることにしていきます。

まず、JCBのEITポイントはいつでも利用するとポイントが2倍になります。
そして、年間のカードの利用金額が50万円を超えると、

翌年度はジェイーシービー・スター・メンバーズのメンバーとされ、

基本ポイントの付与率が10パーセントもアップする上に、

年間のカード利用金額が100万円以上だと、

ポイントの付与率が更に10パーセントアップし、

20パーセントアップになります。

 

 

そして、カードを持っているだけで出国してから最長三ヶ月間、

最大2000万円までの海外旅行保険が自動的に付帯されます。

 

ショッピングでの保険も付いているので海外旅行の保険としては

とても便利な保険となっています。

唯一の日本発の国際ブランドであるジェイシービーは、

VIZAやマスターか0度ほど海外での加盟店舗を

構築するにはいたっていませんが、

 

アジア圏やハワイ・グアムといった

日本人がよく訪れる地域ではかなりの加盟店舗網を濃い内くしていますし、

何よりも魅力的なカード利用キャンペーンを常に実施しています。
例を挙げると、韓国では空港や有名な観光スポットで

ジェイシービーカード優待キャンペーンと書かれた

ステッカーが貼られているのをよく目にします。

2014年現在は入会キャンペーンとして

5000円分のギフトカードがキャッシュバックされます。

ネット上ではEITカードについての口コミが色々と見受けられます。

 

その口コミを見てみると、よく見られた意見が、

基本はリボ払いのカードだけど、

一括払いにも変更できるという点です。
そして、年会費が永年無料のクレジットカードの割には

付帯されている特典が多いというようなクチコミも多く見受けられます。

 

否定的な意見としてはやはりリボ払いであるという点、

そして利用店舗がVIZAなどに比べれば少ないということで

使えないというシチュエーションがあるという点においては

否定的な意見が見受けられましたが、

総合的に見れば実際に使用した人の口コミを見ても肯定的な意見が多く見受けられます。
付帯されている特典MP便利で実際の口コミでの評価もおおむね好評ですし、

年会費が永年無料であるということも加味して総合的に見てみても、

お財布の中に一枚入れておいて損は無い

クレジットカードの一つと言っても良いと考えられます。



順位ブランド実質年率申込みはこちら
4.80%~18.00%
15.00%~19.94%
12.00%~17.95%
7.3%~15.0%
7.3%~15%
bronzemedal01-0017.30%~17.52%

JCB EITカードのデメリットについて 例)ログインが面倒くさいなど

順位ブランド実質年率申込みはこちら
4.80%~18.00%
15.00%~19.94%
12.00%~17.95%
7.3%~15.0%
7.3%~15%
bronzemedal01-0017.30%~17.52%

クレジットカード会社はたくさんあって、

それぞれが新規加入者獲得の為に様々なキャンペーンを行ったり、

カード利用による特典を設けています。

 

ポイントの税度であったり、

年会費が有料か無料かであったりと、

各社にそれぞれメリット・デメリットが存在しています。

ここではJCB EITカードのデメリット、

気を付けなければいけない注意点について説明します。

JCB EITカードのデメリットとして、

1点目に挙げられるのが

「リボ払い専用のカードである」ということです。

 

リボ払いの場合、毎月の支払いを設定した額に抑え、

分割で決済をするということになるため、

毎回手数料が発生してしまうのです。

 

2回の分割であれば手数料がかからないというのが

一般的なカードですが、

こちらのカードではリボ払いとなり扱いが違うので、

2か月で済む支払いの場合も手数料がかかってしまいます。

 

更にJCB EITカードのリボ払いは、

年率が15%と高額になっているため、

注意が必要です。

 

しかし、毎月の支払額の上限は5万円となっており、

設定金額を5万円にし、

後は毎月5万円を下回る使い方をすれば、

手数料がかかることなく利用することが出来るのです。

 

そうすることで一括で全て支払うことができ、

更にポイントもたくさん手に入るということで、

デメリットを逆手に取り、

このカードを使って得することが出来ます。

 

 

2点目のデメリットとしては、

「明細がWEBのみである」ということです。

 

最近カード会社で増えてきていますが、

紙の明細書が送られてくることなく

全てWEBで確認しなければならないのです。

 

WEBでしか見れないと、

毎回ログインしなければならなくて面倒くさかったり、

金額のチェックをし忘れて後から慌てて

入金しなければいけないことになったりと、

もともと慣れしたんでいる紙に比べて不便に思うことが多いようです。

 

しかし、紙の削減は地球環境を守ることにつながっていき、

今後は更に多くの部分でエコのために資源削減がされていくでしょう。3

 

ログインが面倒でも、ログインという作業を設けないと

誰でも見ることができてはいけませんし、

これは必要最低限のセキュリティです。

 

最初は不便に感じることが多いかもしれませんが、

すぐに慣れていくでしょう。
3点目のデメリットとしては、

「旅行損害保険が国外のみである」ということです。

 

現在はアベノミクスによって順調に円安も進み、

景気はよくなってきているもの、

旅行に関しては高くなってしまった国外よりも、

国内旅行を楽しみたいという方が増えています。

 

旅行損害保険が国内旅行には適用されないため、

国内旅行にも適用される旅行損害保険が付いている

カードを別で持っておくと良いでしょう。
以上の3点はデメリットではあるものの、

上手く使えばとてもお得に使えるのがJCB EITカードです。

 

クレジットカードは仕組みをしっかりと理解し、

賢く使えるようにしましょう。

順位ブランド実質年率申込みはこちら
4.80%~18.00%
15.00%~19.94%
12.00%~17.95%
7.3%~15.0%
7.3%~15%
bronzemedal01-0017.30%~17.52%

8つもの特徴を持つJCBのリボ払い専用カードであるEITカードは上手に使えばデメリットだけではなく様々なプラスもある

順位ブランド実質年率申込みはこちら
4.80%~18.00%
15.00%~19.94%
12.00%~17.95%
7.3%~15.0%
7.3%~15%
bronzemedal01-0017.30%~17.52%

JCBカード言えば日本国内で広く使用されているクレジットカードです。
昔は海外では使えないこともあるなんて言われて避けられることもありましたが、

最近はそういったこともなく海外でも使用できる便利なクレジットカードとなりつつあります。
そんなJCBカードの中でも特にお得なのがEITカードと呼ばれるものです。
英語の8を意味するEIGHTから名付けられたEITカードはその名前の通り8つの特徴があるカードとなっています。
一つ目は年会費が無料だということです。
世の中には数多くのカードがありますが、中には毎年年会費がかかるカードも存在します。
全くカードを使用しなくても毎年お金がかかるのはクレジットカードの大きなデメリットでもありますが、EITカードは永年無料ですので使うかどうかわからなくて2つ目は通常のカードよりも貯まるポイントが2倍となっていることです。
クレジットカードに限らず、ポイントを貯めるのが好きだという人は多いかと思いますが、コンビニの支払いでも公共料金の支払いでも使用できるクレジットカードでのポイント2倍というのはかなりお得だと言えます。
勿論、無条件な上に上限無しでポイント2倍となっていますので、日頃の買い物から高額な買い物までいつでも使用することが出来ます。
3つ目と4つ目は海外旅行保険とショッピング保険です。
特に海外旅行ともなるとクレジットカードは欠かせないものなので保険があるのとそうでないのとでは大きな違いがあります。
クレジットカードは万能でとても便利なものですが、もし盗まれたり紛失してしまうと色々と面倒なことになるというデメリットも存在します。
JCBのEITカードには盗難保険がついていますので、海外旅行の際にも安心して持って行くことが出来るのです。
安全面で役立つのが5つ目の特徴であるe安心という制度です。
これはインターネット通販などでもし見に覚えのない請求がされた場合に請求を取り消すことが出来るというものです。
インターネットショッピングなどでクレジットカードを使う機会が増えていますが、ネットでカード情報を入力することに心配があるという人もこの制度があれば安心して利用することが出来るというわけです。
6つ目は豊富なカードデザインです。
カードの利便性だけではなくデザインにもこだわりたいという人の為に、何種類もの中から気に入ったデザインを選択することが出来るのです。
7つ目はMYJチェックで地球にもやさしいということです。
紙の明細書を無くすことで無駄を無くし、地球にもやさしいカードとなっているのです。
最後の8つ目はショッピングリボ初回手数料無料です。
リボ払い専用カードと言うとデメリットばかりを気にする人がいますが、うまく利用すれば十分便利なカードとなります。
カードを1枚ぐらいは持っておきたいという人にはJCBのEITカードはぴったりです。”

順位ブランド実質年率申込みはこちら
4.80%~18.00%
15.00%~19.94%
12.00%~17.95%
7.3%~15.0%
7.3%~15%
bronzemedal01-0017.30%~17.52%