未分類

"2015年のバレンタインは、どのようなものが人気なのでしょうか"


"2015年のバレンタインは、どのようなものが人気なのでしょうか""バレンタインのチョコレートはデパートやスーパー、コンビニで購入することができます。毎年時期が近づいてくると各社様々な嗜好を凝らした既製品のチョコレートを出してきますが、2015年は手作りすれば相手にも気持ちが伝わります。
手作りしてこなかった方の理由として「手間が掛かりそうで面倒くさい」「コストが掛かるのではないか」といった懸念があります。
手作りチョコレートは選ぶメニューにより掛かる手間は変わります。クッキーやトリュフを選べば比較的短時間で作ることが可能です。
まずチョコレートの湯煎には鍋ともう一つ容器が必要なため、少しでも時短や洗い物を出したくない人には、電子レンジを使用して溶かすことができる商品がお勧めです。これなら無駄な洗い物が出ません。食べ物は色も楽しむものなので、茶色のチョコレートだけでなく、ホワイトやストロベリーなども用意すれば更に見た目が楽しめます。
市販のクッキーやサブレなどを使えば形が綺麗にまとまり、ボリュームが出て豪華になります。市販のクッキーにチョコレートでコーティングし、マシュマロやアザラン、カラースプレーで飾り付けします。チョコペンでメッセージを書けば思いが伝わり手作り感が増します。
バレンタインが近づくとキットも多数店頭に並びます。材料を選ぶのがわからない人、2015年にはじめて手作りバレンタインチョコを作る人などは、キットを購入すれば良いです。キットには初心者用から本格的に作りたい人まで様々な種類が用意されているため、自分に合ったキットを選びます。中にはラッピングまで入っている商品もあります。ガトーショコラや綺麗な柄をプリント出来る物、スティックチョコやチョコチップマフィンなどが人気です。中にトロリとしたチョコが出てくるフォンダンショコラやナッツの入ったブラウニー、タルト、生チョコなど様々です。店頭でも購入できますが、インターネットサイトでの注文もできます。
最近は女性が好きな男性や日頃お世話になっている方に贈るだけでなく、同僚や友達などに渡す友チョコをあげる人も多くなっています。小学生や中学生が自分で初めてチョコレート菓子を作る機会が出来、食や調理に興味を持つきっかけになります。誰にあげるのか、どんなものを作りたいのかなどを話したり、親子のコミュニケーションにも繋がります。
作ったはいいけど、意外に掛かるのがラッピングの費用です。せっかく手作りしたチョコレート菓子を美しくラッピングしたいけどあまり費用はかけたくない人は、100円均一の商品を使用します。100円均一とは見えないような包装紙やリボン、ケースが多数販売されています。チョコレートの材料を購入した時に、ラッピングの材料も購入しておきます。
2015年のバレンタインチョコは手間や費用を節約しながら、手作りチョコでより気持ちが伝わるようにしましょう。"



[table id=1 /]