プロパンガス料金を節約以外で料金を安くする方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブランド申込みはこちら
4.80%~18.00%
15.00%~19.94%
12.00%~17.95%
7.3%~15.0%
7.3%~15%
7.30%~17.52%

プロパンガス料金を節約以外で料金を安くする方法とは

プロパンガス料金を節約以外で料金を安くする方法とは

プロパンガス料金を節約以外で料金を安くする方法とは

ガス料金見直し【みんなのプロパン相談広場】

プロパンガス料金を節約以外で料金を安くする方法とは

1.プロパンはなぜ高くなるのでしょうか。

プロパンガスは高いもの、と思っている方は非常に多いのではないでしょうか。

実際のところプロパンガスは都市ガスと比べてガス料金が高いことが多く、

場合によっては倍近い価格であることもあります。

では、プロパンはなぜ高くなるのでしょうか。

高いには当然理由があります。

まず簡単に思い浮かぶのは人件費の問題です。

都市ガスでは必要の無いボンベの運搬交換があるため高くなるという問題です。

 

2.プロパンガスを安くしたい。

こればかりはどうにもできない問題で、

これが理由で同じエネルギーを利用したとして

10%程度高くなるのは仕方が無いことです。

しかし、これ以外は解決できる問題も多数存在します。

少しガスから話がそれるように思われるかもしれませんが、

建物を新築する際のことを考えてください。

当然ながら新築住宅の価格は

一般家庭では現金で簡単に買えるようなものではなく、

ローンを組んで購入することでしょう。

 

3.都市ガスで配管、ガス設備を設置した場合

ここで都市ガスで配管、ガス設備を設置した場合は

すべて住宅価格に反映されます。

しかし、プロパンの場合は新築時のガス設備の工事費用をガス会社が負担し、

その費用をガス設備を使用したガス料金に含めて請求するということがあります。

この場合は新築の建物の価格は抑え目になりますが、

ガス料金に含めた形でガス設備の代金を支払うことになります。

この場合は当然都市ガスより高くなります。

 

4.ガス設備分の料金を支払う必要はない

しかし、ガス設備の工事費用はいつまでも続くわけではありません。

15年であったり20年であったりという契約期間を過ぎれば

ガス設備分の料金を支払う必要はないのですが、

そのままの料金で請求されていて、

利用者側も気づかずに支払っているということも少なくありません。

築年数が20年を超えている場合は安くできる可能性が十分にありますので、

ガス会社を変更するという方法を試してみてください。

詳しくは後述します。

なお、この方法でのガス料金削減は持ち家、

または家主にガス会社の変更の許可が得られる場合のみで可能ですので、

賃貸住宅などでガス会社が最初から指定されている場合はガス会社の変更は無理です。

賃貸住宅を新築する際に建築費を削減し、

その分をガスの請求という形で入居者に請求が行ってしまっているわけであって、

ガスを使用したい以上仕方が無いこととなってしまいます。

 

5.都市ガスと異なりプロパンガスは現在は自由契約

これ以外の理由でも、

都市ガスと異なりプロパンガスは現在は自由契約ですので、

ガス会社が自由に料金を設定できます。

ガス会社を変更できることを知らない方がほとんどであるため、

請求された料金をそのまま支払っているままでは高いままとなってしまいます。

ガスの料金は基本料金と従量料金の合計からなり、

基本料金に使用したガスの容量を掛けた従量料金が足されて請求されます。

高い請求を行っている会社は

特に料金が分かりにくくする目的で基本料金を明示していない場合もありますので、

この場合は複数の月の明細書を用意して計算します。

合計料金の差がある月を2つ抽出し、高い方から安いほうを引きます。

 

 

6.合計料金から引けば基本料金が計算

次に使用量の多いほうから少ないほうを引きます。

 

ほとんどの場合は立方メートル、または?と表示されていますので、

金額の差をこの立方メートルの差で割ります。

 

こうすると立方メートルあたりの従量料金が計算できます。

 

あとは、この従量料金に使用量をかけて、

合計料金から引けば基本料金が計算できます。

 

確認のために抽出した2つの月以外の料金で検算してみればより確実です。

 

 

7.地域ごとの相場が調べられます

ここで出てきた基本料金と従量料金を

相場と比較すれば現在の料金が妥当なのか、

高いのかが確認できます。

 

インターネットでガス料金、

適正価格などのキーワードで検索すれば地域ごとの相場が調べられますので、

ご自宅の料金と相場を比較してみてください。

 

相場と大差ない場合はガス会社を変えてもあまり意味はありませんが、

大きな差が見られる場合はガス会社の変更を検討ください。

 

地域で取り扱っているガス会社は検索すればいくらでも出てきますので、

ホームページを見たり電話をしたりして料金を

確認して会社変更を申し込んでください。

 

なお、同じガス会社であっても隣の家とは料金が違うということも十分にありえますので、

同じ会社を利用している近所の人に聞いても参考程度にしかなりません。

 

必ず自宅の明細書で計算してください。

 

都市ガスとの違いで従量料金が全然違うと思われる方もいるかとは思いますが、

これに関しては同じ体積の都市ガスよりもプロパンガスのほうが

エネルギーが大きいためであって、

実際にガスとして使用した場合はそこまで大きな差はでません。

 

ガス料金見直し【みんなのプロパン相談広場】

8.職場等に風呂があるなどの場合

 

また、風呂はほとんど使わない、

職場等に風呂があるなどの場合は

ガス契約自体を解約してカセットコンロで調理するという方法、

オール電化にしてガス契約自体を削減するという方法もあります。

 

また、会社によっては暖房をガスで行うということによって

割引が受けられるところもあります。

 

 

プロパン対応の暖房器具があってガスコンセントがある場合は

わずかですが安い契約にできる可能性もありますので

契約のガス会社を調べてみてください。

 

実際に暖房として使用していなくても大丈夫です。

 

 

9.ガス料金見直しならみんなのプロパン相談広場がオススメ

そこでガス料金見直しなら

みんなのプロパン相談広場がオススメです!

 

プロパンガスを利用している方の中には、

公共料金だから自由に変更できないという理由で

契約の変更や見直しをしないという方が多いのではないでしょうか。

 

実は間違っていて、

本来プロパンガスはガス提供会社との契約を自由に行えて、

契約を変更したりガス提供会社を変えることが可能です。
そもそも、都市ガスと違って公共料金ではないため、

ガス会社によって自由に値段が設定されています。

 

10.プロパンガスは自由市場

つまり、自由市場です。

 

例えば、スーパーで肉や野菜が売られていますが、

国などが指定されているのはなく、

お店が自由に設定されています。

 

消費者はそのお店の肉や野菜が高かったら、

そのお店で絶対買うといった制約があるのではなく、

他のスーパーへ行って同じものを買う、

チラシを見て特売のものを買います。これも自由市場だからです。

 

 

従って、スーパーの事例と同様に、

ガス料金が高いといった不満があるならば、

ガスの使用量の節約の他に、

その会社を永久に利用する必要や義務が無いのですから、

解約して安く提供してくれる会社へ契約をするといった方法があります。

 

11.変更できないといった誤解がある。

しかし、前述した変更できないといった誤解や

一部のアパートなどの集合住宅では大家さんが

一括又は共同で契約しているといった事情などから、

見直しなどをしない、

そのままにしているといった方向に影響してしまいます。

 

そのせいか、それを見込んで一部のガス会社が

不当に値上げられる事態が発生しています。
電気ガスそして水道といったライフラインは、

生活をする上で無くてはならないものですが、

料金システムといった料金そのものについては、

よく分からず仕方がないと我慢せざるをえない部分があります。

 

 

12.料金は高いよりか安い方を望む

けれども、料金は高いよりか安い方を望むのは言うまでもありません。

 

消費税増税といった昨今、出費を抑えたいのは誰もが望むことです。
一般にプロパンガスの方が都市ガスと比較して料金が高いことが多いです。

 

これはまずボンベを各家庭に運送や点検をしなければならないため、

保守作業をするための人を用意しなければなりません。

 

そうすると、その人を雇うための人件費が加算されていることがあげられます。

 

ここまでは納得がいきますが、

価格を自由に設定できることから、

原油などの価格が上がったら早く反映されてしまいます。

 

これも納得が行くのですが、

中には価格競争が起こらないようにするために

一部のガス提供会社同士で手を組んでしまい

安くならないようにしてしまうといったものや、

仮に不当な請求をしても

消費者は仕方が無いと言うように文句を言わない、

さらに無料でガスの供給設備を設置しているように見せかけて、

毎月の請求に少しずつ上乗せしているといった理由があげられます。

 

 

13.同じガス量で約2倍の熱を生み出します。

ただ、発熱量の観点からですと、

プロパンガスと都市ガスでは

同じガス量で約2倍の熱を生み出します。

 

前者の方が熱を多く生みますから、

そういった熱量の差を考慮する必要があります。

 

よって、単純に比較はできないのも料金が高いか安いかの判断が難しいところです。
こういった事態から解決へ導くためには、

ガス料金を見直したりすることで料金の適正化が望めますが、

いざガス会社を変えたいといっても契約をするには書類に記入、

提出など手続きが面倒ですし、

それ以前にどこに契約をすれば良いのか、

どこが安くて良いサービスを提供してくれるのか迷ってしまいます。

 

さらに、契約の相談をしたらガス提供会社が

不当に値上げをしてくるなどの嫌がらせ、

対応がなされるといった事態になるかもしれず、

怖いといった懸念があります。
そこで、みんなのプロパン相談広場ですと、

まず料金を比較することができます。

 

自分の利用しているガス料金が高いのかが客観的に確認できます。

 

次に、ガス提供会社への変更通知を代行してくれますから、

契約するための手続きの手間が軽減されます。

 

料金については、ずっと継続低料金で行かれますし、

いつでもホームページで確認することができます。

 

変更の他にもガスについて実務経験や資格を有する人が削減方法のアドバイスがなされます。

 

さらに、提案後もアフターフォローがなされますので、

気軽にガス料金について相談することができます。

 

そうすると、結果的にガス料金が抑えられますから、

利用者にとっては出費が抑えることができます。

 

なお、相談、提案、代行などについての料金は無料ですので、

懸念事項が1つ無くなり、安心しやすくなります。

 

加えて、料金システムなどが分かりますから、

知識が増え周りで使っている人に対して

アドバイスをすることができ、

前述した誤解が少しずつながら解消へと導きます。
料金の適正化は何も業者だけに委ねるのではなく、

我々消費者も行動に起こせば、変えることだって可能です。

 

料金の節約といったメリットの他に適正化がはかれるのは大きいです。
プロパンガスの料金を見直すことで、

出費を抑えてその抑えた分で何か自分にとって有意義なものに使うことができますし、

何かあったときの貯金にすることができます。

 

そのため、ガス料金見直しなら【みんなのプロパン相談広場】がおすすめです。

 

14.ガス料金見直しなら【みんなのプロパン相談広場】

みんプロ(みんなのプロパン相談広場)は、

一戸建て(自己所有)消費者の皆様に、

ずっと格安で、安心・安全なプロパンガスを

供給する優良ガス会社をご紹介しております。

みんプロの趣旨にご賛同いただいている協賛ガス会社と協力し、

「地域最安値」のみんプロ価格でプロパンガスがご利用になれるように、

無償でサポートを行っております。

15.手数料や切替工事費などは一切かかりません

みんプロを通じてガス会社の変更などがあった場合でも、

変更申込をした消費者に、

手数料や切替工事費などは一切かかりませんので、

消費者はガスを格安で利用できるというメリットだけを受けることができます。

また、現在ご利用中のガス会社への連絡もすべて無料で代行しますので安心です。

ガス会社都合の一方的な値上げを抑制するアフターサポートがあります。

みんプロがご紹介するガス会社は、地域最安値保証をしています。

30代以上、一戸建て住宅(自己所有)にお住まいの方

自己所有であれば、ガス会社変更の意思決定がご本人様でできるためです。

ガス代を安くしたい、節約したい方。

16.ガス料金を大きく節約できる。

プロパンガスが公共料金ではなく、

自由市場であることをご存知の方が、

意外に少ないというのが現状ですので、

まずは、ガス会社が変更できること、

そして正しく変更すれば

ガス料金を大きく節約できることを知ってください。

その上で、「地域最安値保証のみんプロ」の料金比較のご利用を促して頂ければ、

現在お使いのガス料金との差額がどのくらい出るかがすぐに算出されます。

切替メリットが明確になれば、消費者の負担はゼロと言うこともあり、

おすすめです!

おわりに

プロパンガス料金見直しなら【みんなのプロパン相談広場】

プロパンガスの料金見直しできるって知ってました?
お問い合わせはこちらへ↓↓↓


ガス料金見直し【みんなのプロパン相談広場】

ブランド申込みはこちら
4.80%~18.00%
15.00%~19.94%
12.00%~17.95%
7.3%~15.0%
7.3%~15%
7.30%~17.52%
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*