キャッシング比較

キャッシングに関する情報を記載しております。

*

43万人に選ばれた勤怠管理システム-タッチオンタイム-について

   


ブランド申込みはこちら
4.80%~18.00%
15.00%~19.94%
12.00%~17.95%
7.3%~15.0%
7.3%~15%
7.30%~17.52%

43万人に選ばれた勤怠管理システム-タッチオンタイム-について

43万人に選ばれた勤怠管理システム-タッチオンタイム-について

1.勤怠管理は近年のIT化でどんどんパソコン管理へ

勤怠管理は近年のIT化でどんどんパソコン管理に移行していますが、

中には今でもタイムカードを使用して管理を行っている会社もあります。

タイムカードに よる勤怠管理の場合、

管理する側としても集計作業をわざわざしなければならなかったり、
各営業所ごとにデータが別個管理されていて不便なことも多くありま す。

そんな勤怠管理に関する悩みを感じている担当者や経営者に支持を集めているのが、
タッチオンタイムの管理システムなのです。

 

2.タッチオンタイムの特徴

タッチオンタイムの特徴は、
今をときめくクラウドシステムによる管理が可能という点にあります。

勤怠データをクラウドに登録することで、
いつでもどこでもデータ化された勤務情報をリアルタイムでチェックすることができます。

これにより、
単にデータを確認するだけでなくシフトの作成や管理なども簡単に行えるようになり、
管理する側としても大幅な労力や時間の節約が可能です。

さらに、
会社の外で業務を行うことが多い社員にとっても

スマートフォンやタブレットなどから手軽に出社退社の記録を付けられるようになります。

このようにシステム化して一括管理することで、
これまで勤怠管理に割いていた人件費や維持費などの様々なコストを削減することもできます。

タッチオンタイムを提供している運営会社に連絡すれば、
不明な点や使用方法などをすぐに電話で教えてもらえるなどサポート体制も万全で、
クラウドシステムに詳しくなくても安心して利用を開始することができます。

 

3.30日間無料でお試し運用できます。

また、公式ホームページなどで申し込みをすれば、
まずは30日間無料でお試し運用してみることもできるので、
気軽に試してみることもできます。

料金も非常にお手頃価格で、
毎月300円が打刻人数分必要になるだけで済みます。

 

つまり、従業員50人の会社であれば

15000円でシステムを利用できることになります。

これまで管理に割いていた人件費を考えれば、
15000円程度であれば投資しても十分に元は取れると言えるでしょう。

 

初期費用も基本的には全くかからないので、
システム導入にあたり大きな資金を準備しておく必要もありません。

 

これまでずっとタイムカードを利用してきた会社の場合、
いきなりITシステムの導入を検討しても

なかなか理解や操作が浸透しにくいこともあります。

 

このため巷に数多く存在する各種システムを

十分に比較検討することが重要ですが、
IT化の進む近年ではこういったシステムを

比較するサイトもいくつも存在するので非常に便利です。

 

4.タッチオンタイムの口コミは非常にいい。

費用や性能、使い勝手の良さなど

様々なポイントを比較することができ、
より自分の会社にマッチしたシステムを

探す手助けになってくれるでしょう。

こういったサイトでもタッチオンタイムの口コミは非常に高く、
使い方もシンプルな上にコストパフォーマンスも良いので

最初に導入する管理システムとしては非常に優秀です。

 

近年はスマートフォンの普及に伴い、
各社員が自分のスマホから打刻できるかどうかも

管理システムを選ぶ重要なポイントとなっています。

従来のタイムカード方式では打刻のためにわざわざ帰社しなければならないなど、
臨機応変な対応が難しいというデメリットがありました。

 

この点、タッチオンタイムであれば専用の機械を用いて

タッチによって手軽に打刻することができるため、
社員一人一人にパソコンが無い場合でも導入が可能なだけでなく、
スマートフォンや携帯電話からも入力が可能になっています。

出張や外回りが多かったり、
在宅勤務している社員がいる場合でもそれぞれのスマホから打刻が可能なので、
非常にフレキシブルでどんな状況にも対応できる管理が可能になります。

もちろん全ての社員がスマホから打刻する必要はなく、
毎日会社に出勤する人は備え付けられた機械を使用して打刻し、
会社にあまりいない人だけスマホからの打刻を行うなど、
社員の状況に応じて使い分けるなど柔軟な利用もできます。

 

5.30日間の無料お試しが付いているタッチオンタイムのシステム

また、こういったクラウドシステムはいざ導入すると

問題やトラブルが発覚することもあります。

正式契約した後に問題が見つかっても

すぐに解約したり契約をなかったことにはできないため、
30日間の無料お試しが付いているタッチオンタイムのシステムは

こういった面でも非常に安心して使い始めることができます。

 

 

無料お試し期間中に何か問題点が見つかれば、
本格的に導入する前に断念したり問題を解決する余裕も生まれます。

 

6.無料お試しができるシステム

無料お試しができるシステムには様々な種類があり、
例えばベーシックな専用機械を用いて

打刻するものやタッチパネルタイプのもの、
他の社員の操作を防ぐことができる静脈を

利用したタイプなどが挙げられます。

 

また、必ずしも機械を使用する必要はなく、
パソコンのブラウザやスマホなどを使用することで

管理システムのみを利用することもできます。

このような様々な利用方法があるので、
まずはお試し期間中に実際に社員に試してもらい、
一番やりやすい方法や機械を選択するようにしましょう。

 

7.勤怠管理でお悩みならタッチオンタイムがおすすめ。

経理担当の方にとって、
従業員一人一人のタイムカードを集計することは非常に手間が掛かり、
また面倒な作業です。

これでは、本来の業務にも影響が出ること場合もあります。

また、本部管理者の方にとっては、
各店舗や事業所の勤怠情報をリアルタイムで確認したいと思っても、
タイムカードではそれができないため、

いちいち電話などで確認を取る必要があり、とても大変です。

 

8.勤怠管理をデジタル化することのメリット

勤怠管理をデジタル化することで、
従業員の中にはイマイチ使用方法が分からないという方もいることでしょう。

また、
スマートフォンを有効利用したシステムを

構築してくれるとありがたいと考えている方も多いと思います。

 

このようなそれぞれの勤怠の管理に関する悩みに

応えてくれるおすすめのシステムが、
「Touch On Time(タッチオンタイム)」です。

Touch On Timeは、
クラウド型の勤怠管理システムで、
この市場ではナンバー1のシェアを誇っています。

 

このシステムを利用している企業は約6,000社あり、
利用者数は実に国内外含め約43万人に達します。

 

9.Touch On Timeはこれだけのシェア

なぜTouch On Timeはこれだけのシェアを誇っているのかというと、
そこにはいくつかのメリットがあるからです。

 

メリット①:1人あたりの利用料は月額300円のみ

月額300円×従業員で、
出退勤の管理はもちろんの事、
シフト作成やその他様々な便利機能を利用することができ、
利用するにあたっての追加費用などは一切かかりません。

そのため、
安心して利用することができるのです。

 

メリット②:万全のサポート体制が整っている

勤怠における管理システムというのは、
他のシステムを比較しても導入が難しいとされています。

それは、
サポート体制が上手く構築できないという点にあります。

しかしTouch On Timeでは、
その点においてシステム導入から運用までを、
万全にサポートする体制が整っています。

ですので、
クラウド型であっても安心して利用することができるのです。

 

メリット③:データ化による業務効率化が可能

Touch On Timeを導入することで、
今まで膨大な時間が掛かっていたタイムカードの集計作業がデータ化されるため、
煩雑な計算もする必要がなくなり一気に業務を短縮することができます。

また、
システムが全て管理するため、
人的ミスもなくなります。

これによって、
業務の効率化・生産性の向上が見込めます。

 

メリット④:勤怠の見える化が実現

勤怠状況をデータ化することで、
事業所や支店の従業員の出勤状況もリアルタイムで確認することができるので、
本部の管理者の業務も効率が良くなります。

 

メリット⑤:従業員の不正を防止

Touch On Timeでは生体認証機によって本人確認を行うため、
出退勤の不正を防止することが可能です。

タイムカードでは、
本人以外の人物が自由に打刻することができたため、
出退勤の不正が可能でした。

しかしこのシステムには、
指ハイブリット認証・指静脈認証などの生体認証システムもあるため、
こうした本人以外の人物による不正を防止できるのです。

このようにTouch On Timeは、
導入することで出退勤に関する管理事務が非常に簡単となり、
業務の効率化が図れると共に、
勤怠の見える化や経費のコストダウンにもつながっていきます。

 

Touch On Timeの勤怠管理システムは、
タイムカードのように打刻器にカードを入れて操作するレコーダーシステムとは異なり、
それぞれのニーズに合わせたレコーダーを選ぶことができます。

例えば、
指認証型・ICカード認証型・Webブラウザ型・携帯電話型などがあり、
中でもタッチオンタイム型が人気となっています。

また、
設置環境に左右されずに利用できるタイムレコーダーも人気となっています。

Touch On Timeは勤怠管理に特化したシステムとなっているので、
管理に必要とされるシステムは全て網羅していると言っても過言ではありません。

例えば、
勤怠の自動集計はもちろんの事、
その他にもシフト管理や予実管理、
警告設定、
給与ソフトとの連携、
人件費の概算計算など、
これらの機能は全てオプション料金無しとなっており、
月額料金にて利用することができます。

このように豊富な機能をリーズナブルな料金で利用でき、
さらに複雑な就業ルールにも柔軟に対応できるところが、
多くの企業から高い評価を受けている理由です。

 

おわりに

クラウド型勤怠管理システムの市場において、
シェアナンバー1の実績を可能としているのは、
職種や業種・業態、
規模の大・小、
地域に関わらず導入が可能であることも大きな理由の一つです。

また、
すぐに導入するのではなく必ず30日間の無料お試し期間を設けて、
システムにありがちなミスマッチを防ぐ対策も行っており、
良心的であるところも安心して利用できるのです。

難しいとされている勤怠管理システムを、
導入から運用までをトータルでサポートするために、
お客様の勤怠の現状をヒアリングし、
それに合った設定や運用方法を提案してくれるので、
不安なく利用できます。

ブランド申込みはこちら
4.80%~18.00%
15.00%~19.94%
12.00%~17.95%
7.3%~15.0%
7.3%~15%
7.30%~17.52%

キャッシングおすすめ

パーソナルクレジット セントラル

実質年率:4.80%~18.00%
最大利用可能:300万円
中四国中心に店舗展開の老舗セントラルは、首都圏店舗も拡充中! 全国のセブン銀行ATM提携を開始し、 全国の方々にもますますご利用していただきやすくなりました。 さらに、ご利用が初めての方は最大30日間金利0円!

 - 未分類 , , , ,