使っている人が増えているのでメルカリの売上調べたら、 初の黒字化。売上高は100億円を突破してた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブランド申込みはこちら
4.80%~18.00%
15.00%~19.94%
12.00%~17.95%
7.3%~15.0%
7.3%~15%
7.30%~17.52%

使っている人が増えているのでメルカリの売上調べたら、 初の黒字化。売上高は100億円を突破してた。

はじめてのメルカリの使い方 (BASIC MASTER SERIES)

新品価格
¥1,490から
(2016/11/19 04:05時点)

メルカリ

初の黒字化。売上高は100億円を突破してた。

1.メルカリの売上

使っている人が増えているので
フリマアプリのメルカリの売上を調べたら、
2016年6月期の時点で初の黒字化を果たし、
売上高は100億円を突破してました。

メルカリ 決算

フリマアプリを運営するメルカリの決算書だと、
2016年6月期(15年7月~16年6月)の売上高は
122億5600万円(前期比189%増)、
営業利益は32億8600万円だった。

前期は11億400万円の赤字でした。

売り上げが前年から大きく伸びた上、
13年の設立から初めて黒字化を果たしたそうです。

最終利益は30億1100万円だでした。

 

2.メルカリとは

メルカリは、スマホで出品・購入ができるスマホアプリ。
簡単さと気軽さをアピールしており、
国内のアプリダウンロード数は3500万(9月時点)、
累計出品数は2.5億点(5月時点)を突破している。
グローバル展開も行い、
米国でのアプリダウンロード数は2000万(9月時点)を超えた。
収益は取引成立時の手数料から得ています。

 

 

3.何をかえてきたのか。

未上場ながら
アメリカから10億ドル以上の企業価値がある
「ユニコーン」企業と目されるメルカリさんは
急に言われるようになりました。

【赤字の時】

1) ユーザーを20代~30代女性にターゲットを絞り、日本市場に大きく依存した
2) 資金調達を日本に大きく依存

【黒字の時】
1) ユーザーを10代後半にターゲットを絞り、米国にプロモーション先も切り替えた。
2) 資金調達・露出先をアメリカに切り替えた

 

4.楽天も始めてた。

ネットオークションとフリーマーケットサービス事業は、
Yahoo!が運営する「ヤフオク!」が長らく一強でした。

しかし、「楽天オークション」が10月でサービスを終了して、
楽天フリマを始めてきました。

 楽天オークション


楽天フリマ

DeNA子会社が運営する「モバオク!」が伸び悩む一方、
メルカリは急成長を遂げており、勢力図が大きく動いています。

 

5.10代から世界は5年後変わっていく気がする。

なぜメルカリは世界で勝つかも、と思うのか

「世界を取るぞ!」といって勇気を持って
アメリカ市場に進出するのは、勇気がいる事ですが、
売れるために戦略をかえてみたり、
メルカリはその先に行っていると思います。

アメリカで売れる

10代の子がなんか知らないけど、
イケてるサービスあるらしいよと使い出す

ユーザ増えて、アメリカからも友好的な資金調達ができ、
売上伸びる。

 

おわりに

30過ぎたおじさんには、
個人間でモノを買うなんてと思いますが、
18歳の子が24歳になる頃には
LINEと一緒で当たり前になっているのだと思います。

ブランド申込みはこちら
4.80%~18.00%
15.00%~19.94%
12.00%~17.95%
7.3%~15.0%
7.3%~15%
7.30%~17.52%
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*